>

ダイビングをしてみたい

試験には2パターンある

自由にダイビングができるようになるためには、ライセンスが必要です。
泳げない人でも、頑張れば試験をクリアできるので挑戦してください。
ダイビングライセンスの試験は、3種類あります。
1つ目の試験は2パターンあり、試験を行えるダイビングショップによって変わります。
泳ぎが苦手な人は、シュノーケルやマスク、フィンを使って300メートル泳ぐ試験を採用しているダイビングショップを選択してください。

もう1つの方法だと泳ぐのは200メートルですが、泳ぎが苦手な人にとって負担が大きいです。
泳げない人でも道具があれば大丈夫なので、試験に臨んでください。
300メートルと聞くと長く感じますが、ずっと足を動かしているとあっという間に終わります。

事前に情報を入手しよう

試験する直前になって、1つ目の試験が何も道具を使わないで泳ぐ内容だと知ったら困ります。
泳げない人は試験をクリアできない可能性があるので、必ず事前に調べてください。
詳しくダイビングショップの情報を集めると、自分に合うお店がわかります。
人気があるダイビングショップは、わかりやすく講習を行ってくれるので初心者や泳げない人でも安心です。

今まで泳げないからと、ダイビングを諦めていた人がいるでしょう。
しかし泳げなくてもライセンスを得て、ダイビングを楽しんでいる人はたくさんいます。
自由にダイビングができるようになったら、何をしたいか考えてください。
綺麗な魚を見たり、一緒に泳いだりするなど楽しいことを想像すればやる気が出ます。


この記事をシェアする

トップへ